スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラヴァイオレット

mo4345.jpg


マイナー映画『リベリオン』を監督したカート・ウィマー最新作
『ウルトラヴァイオレット』を観て来ましたよ。

良くは知らないけれど、これアメコミが原作なのかな?
オープニングでイラストが何点か映ってますけど、
アメコミなのに微妙に日本ナイズドされておりますな。
中には書き文字が日本語のイラストもあって笑わしてもらいました。

近未来を舞台にCGをバリバリ使う、
という時点で「またマトリックスの二番煎じかよ!」
との意見も出そうですが、例え二番煎じだとしてもだ。
率直に言って面白かったよ。
CG自体はそんなに金が掛かってなさそうですが(笑)

それにしても人の立ち位置にこれでもかとばかりに気を使ったシーンが多いですな。
屋上でのブラッド・シノワ→教会で囲まれる場面→統合省でお出迎えの場面
と順を追うに従って迫力が増してきております。イカス。


そして常に鼻に変なマスクみたいなのを装着してニヤニヤしている
統合省の最高責任者・ダクサスのキャラが良い。
最後の対決でもなかなかの策士ぶりをお茶目に披露。
でもその策を破るヴァイオレットはさらにイカス。
なんで刀を床で擦っているのかと思ったらそういうことだったのかい。

個人的には超オススメ。
ただ、時折ヴァイオレットの色が変わるのは何故なのか。
その辺の説明は全く無しですかい。
そりゃないぜ!監督さんよ!
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

マギンティ夫人

  • Author:マギンティ夫人
  • 趣味:適当にホラ話をする
    特技:うろ覚え
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。