スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォンテッド

うおんてっど

!WARNING!

今回ネタバレでございます。








いや、もうね。
これは金が掛かってますねえ。
でも内容がありえないぐらいクソですねぇー。

まず、裏でひっそりと世界を救っている暗殺者組織がありますよー、
という設定はありがちだけど、まあヨシとしよう。

でも、この人たちの特殊能力がイマイチ曖昧。
興奮状態になると早いものの動きでも正確に捉えることが出来る、
という能力だけでは説明できないアクションが目白押し。
マトリクス並みの人間離れした芸当は一体どういう風の吹き回しなのだろうか。

そしてラストの紡績工場のアクションシーンに至っては、
マイナー映画リベリオンのガン・カタが再来したのかと見紛うばかり。

登場人物の行動も唐突過ぎて、僕には付いていけませんでした。
一体何がしたかったのだろうかこの映画は。
残念。
スポンサーサイト

マジで感動した



例によって動画をうろちょろしていたら、こんなものにぶち当たりまして。
かなり有名な動画らしいのですが、私は初見。

いや全くもって病的な動画です(笑)
何もかもが狂っているとしか言いようが無い。

コレを観た海外の人のコメントも秀逸ですな。
『何が起こった?俺は死んだのか?』
『この動画を作った人物は、人間として重要な何かが欠落している』
『怖いからベッドの下に隠れるよ』
まさにパニック状態ですな。

まさに技術の無駄遣い。
技術立国日本の人材は、まだまだ豊富なようです。


リーマン・ブラザーズ

アメリカの証券会社!
リーマンブラザーズが破綻して右へ左への大騒ぎになってますねえ。
なんでも数十兆円規模の破綻だとか。
世界最大規模の破綻ですねぇー。

てか私は経済とかは全くの素人なんだけどさ。
サブプライムローンだとか、時価会計だとかはどう見ても危うい方式にしか見えません。
あまりに主観的で、あまりに性善説に基いた方式だよねえ。

まあ日本の銀行が破綻した時と同様に、
『一体誰が悪いのか?』といった犯人探しが始まる事請け合い。

実際、ココまででかい破綻なんだから、
リーマンブラザーズ一社だけの責任では済まされないんじゃないだろうか。
政府やら会計事務所やらも巻き込まれるでしょうねー。

で、AIGも資本注入受けたらしいじゃないの。
僕の保険はAIGなんだけど(笑)
解約してやろうかしらコンチクショウ。

まあ最早アメリカは自由と平等の国なんかじゃなくて、
金持ちの、金持ちによる、金持ちのための国んになってしまっているので、
結局泣きを見るのは圧倒的多数の貧乏。
自由経済と言うのは、規制を緩和して金持ちを野放しにすりゃいいってモンじゃない
という見本になってしまいましたな。

さてまた不況になるか。
やれやれだぜ。

粋龍

最近、個人的に押しているラーメン屋の一つに、
黒崎の粋龍があるのですが。

基本的にあっさり塩系なんだけど、
私はここの店よりも美味い塩ラーメンを出すところを知りませんな。

しかも平日は大盛りがサービスなので、
ランチのセットを大盛りで注文すると、
食らえこの野郎感満点の量が出てきたりする。

先日も例のごとく大盛りを注文したのですけれども。
店主曰く。
『普通盛りで作っちゃった。てへっ。お詫びに水餃子サービスするから大目に見てねー』
との事。

実際、大盛りミスったから水餃子サービスなんて、
そんな気前のいい話を逃すほど金持ちな俺様ではないので、
こちらも負けじと景気よく快諾。

したのだが、出てきた水餃子が美味くない。
この悔しさをバネに、俺はもっと高みをめざそうと思う。

新譜げっと

えー、m1dyの新譜が発売されたようなので、
早速アマゾンで購入してみました。

相も変わらず。
『ちょっと落ち着け!』
との突っ込み待ちかと思わざるを得ない程の
ハイスピードテクノが展開されてるかと思いきや、
前回のアルバムよりはだいぶ落ち着いた感じがしますね。

それはさておき。
一曲目でなーんか音声サンプリングされてんなーと思ってよく聞いてみた所、
黄色いTシャツが似合ってますねー!
と叫んでいることが判明。
なるほどと思い、曲のタイトルを確認してみたらばKIRANGERでした。
相変わらずの馬鹿さ加減で御座います。サイコー!

作曲者公認動画w

ハンコック

ハンコック

ウィル・スミスのスーパーヒーロー物。
ハンコックを観にいって来ましたよ。

嫌われ者のハンコックを人気者に仕立てよう!
と立ち回る中盤までは面白いのですが。

なんだろう。
嵐を呼ぶ元嫁との大喧嘩以降は急速にテンション下がっていくよねぇ。
突然取って付けたようなピンチに陥ったところでこっちは盛り上がらねえんだよ。

中盤までのノリで徹底的にやっていたら、
優良なスーパーヒーロー・コメディとして語り継がれることになったかも知れぬ。
残念。
プロフィール

マギンティ夫人

  • Author:マギンティ夫人
  • 趣味:適当にホラ話をする
    特技:うろ覚え
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。