スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜入結果報告

img052.jpg


まーそんなわけでてる氏一押しの不味いラーメン屋!
『塩館』に行ってきましたよ。

不味いと言うだけに、客は俺だけなんじゃないかとの予想を裏切り
他にも客が2名ほどいたので早速動揺。

で、券売機にて券を購入だー、
と鼻息荒く こいんいっこいれる を実行したのは良いのですが、
上位ツリー的には『塩ラーメン』しかカテゴリが無いくせに、
岩塩だとか湖塩だとか海塩だとかでワケの分からない分岐をしてやがります。

何を買えばよいのかさっぱりだったので、
テキトーに岩塩の券を購入して店員に注文。
で、出てきたのがコレですな。
070628_2129~01.jpg


見た目いたって普通の塩ラーメンにしか見えません。
器にさりげなく“岩塩”の文字が入って自己主張しておりますな。

そして肝心の味のほうですが。
コレもまたいたってフツー。
うちの社員食堂で出てくる塩ラーメンよりは美味しいんじゃないかと。

ただ、コレでお値段700円なので、費用対効果は最悪のレベルかも。
次行くかと聞かれたら答えはNOだ。

まあこの程度では不味いと言えないかな。
いずれてる氏には“コレが本当に不味いラーメンだ!”という代物を
食べてもらう必要があるようです。
出来れば名古屋駅か東京駅がベスト。
スポンサーサイト

大日本人

1005954_01.jpg


正直、全く観る気は無かったのですが。
だってどっからどう見ても地雷でしょうがコレ。
TVCMを盛んに流している点も、一昔前の角川映画を彷彿させる必死ぶり。

が、しかし。
デビルマン同士のONOさんが是非にと言うので行って参りました。

で、率直な感想としては。
『何だコレ!デビルマン以下じゃねえか!』
の一言で終了ですな。

映画の基本的な部分は、大日本人『大佐藤』に対する
インタビュー形式で話が進むわけなんですが、
これがもう兎に角グダグダ。

わざとこういう感じを出したかったんだろう、というのは分かる。
とは言え、いつまでもいつまでもダラダラダラダラと続けるモノじゃねえだろう。
序盤の10分で映画館を出て行きたい衝動に駆られたワイ。

俺は基本的に座席は最後列に座るようにしているんですけれども。
最後列に座れば箱全体を見渡せるので、
他の観客がどういう反応をするか把握できますからねえ。
この映画の場合、寝こけている人間を少なくとも5名確認。
危うく俺もその一員になる所だった。まさに危機一髪。

あーでも板尾と最後の実写パートだけは面白かったかな。
つまりさあ、コントの部分しか面白くないってことDEATH。
時間的にすればそうですね、コント部分は30分ぐらいか。
その30分の為だけに他の一時間半を精神的拷問に費やされるわけよ。
こんなの観せられて俺は一体どうすりゃいいんだ。

昔ごっつええ感じで『恐怖のキョーちゃん』という
松本原案のアニメを流していた時期があった。
もうその時に俺は見抜いていたんだよ。
松本にはコントの才能はあるが、話を創作する才能は無い、ってね。

この映画で見事それが証明されたとでも?
いやいや、もともと証明されていた事がより強固になっただけですよ。

兎に角、松本に次はない。
そんな予感のする映画でした。

theme : 映画感想
genre : 映画

新潟ラーメン博

そういったわけで本日ラーメン博最終日でございます。

プラネットに行けば誰かいるだろうと網を張っていた所、
案の定マッタカさんやらてるさんやらMLAさんやらが現れました。
まったく思う壺ですな。

俺の誠意ある説得(※主観)のおかげで、
皆納得の面持ちでラーメン博に行く事に同意。
それが大体5時位の話。

まあそんな風にして話が纏まったのはいいものの、
この話の本当に凄い点は、

『会場の正確な場所を誰一人として知らない』

と言う点ですな。
イエーイ!計画性が微塵も感じられませんね。

じゃあ携帯で調べてみようー、
と思い立って調べてみたところ、
“本日の入場券は販売終了しました”
とのアナウンスを発見するに至り、全てがゲームオーバーでございます。

    物事には計画性が大事なんだなあ
                    みつを

チッ。
行き当たりばったりで何とかなると思っていたが甘かったか。
来年はちゃんと計画を立ててですな、行こうじゃないですか。


腹いせに行ったラーメン屋『我門』は皆にウケが良かったですが、
誰一人として普通のラーメンを注文していないというのはどうかとw




因みに少林寺対テコンドーの映像はこちら。
少林寺の人が凄すぎる
http://www.youtube.com/watch?v=XG366AHzI2U

万事塞翁が馬

バンジージャンプをした時に足首をひねってしまい、
身動きが取れなくなっていた男。
そこへたまたま通りすがったサイが、
親切にも手当てをしに自分の住むサイの王国に連れていってくれると言う。

そして、そのサイ王国で男が目にした事実は、
サイ王国の王様が馬だったということである。

バンジーサイ王が馬。


というのはクマのプー太郎のネタであるが、
世の中何が起きるか分からないと言う点では真理でありますな。

因みに俺の万事塞翁が馬はこうだ。

値段が安いので新津に出来た『イン東京』という床屋に行ってきた。
色々込みで約2000円だったが、
駐車場から出る時に車を鉄柱にぶつけてしまい、
修理費7万円を取られた。

あああああああああ。
また無駄使いをしてしまったあぁぁぁぁ。

訃報目白押し

いやそれにしても最近は大物の訃報が続きますな。

石立鉄男が死んで『こいつはどこのワカメじゃ!』
とモノマネしていた所に羽田健太郎の訃報ですよ。
ウィザードリィの音楽はファミコンゲームの中で屈指の曲でした。
ささやき ? 詠唱 ? 念じろ (うろ覚え)

えーい、こうなったらワカメラーメンのやけ食いだ。
と思ったら売ってねえし。エースコックも落ち目ですな。

そんなわけで誰か腹いせにラーメン博でも行きませんか。
プロフィール

マギンティ夫人

  • Author:マギンティ夫人
  • 趣味:適当にホラ話をする
    特技:うろ覚え
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。