スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り合えず

東京の地震は大丈夫かいな?
天災は他人事では無いからねぇ。

それはさておき。
HPのスペースを確保いたしました。
http://mcginty.fc2web.com/

今後こちらで細々やって行きますので宜しくお願いいたします。
今までと全く変化が無い所がイカス。
本格的なPCの初期化は今月中に決行する予定!
取り返しのつかない事態になりそうな予感がする今日この頃DEATH。

スポンサーサイト

結果

死闘の末、HPが死亡いたしました。
正確には今の場所にアップ出来ないってだけなんですけどね。
折角頑張って集計表作ったのに!

というわけで、恥ずかしながら近日中にHPの移動を致します。
悪しからずご了承くださいませ。

泣き言

20日も過ぎたと言うのに集計表を更新しておりません。
しかしながら今回はちゃんとした理由がありまして。
実はPCがウイルスにやられちまったんDEATH!

家のPCはセキュリティにノートンアンチウイルスを入れているんですが、
スキャンをかますとウイルスを検出するくせに、
削除が出来ないと来たもんだ。

最終手段として『PC初期化』という大量破壊兵器を使用するのも
やむなしと考えてはいるものの、私のいい加減な性格上、
HP全体を消去しかねないというジレンマを抱えているわけでして。

あーもー。
どうしてくれようかコノ腐れウイルス野郎が!
全部オビ・ワンが悪いんだ!
きっとそうに違いない。

スターウォーズEP3 シスの復讐

先々行上映、先行上映ともに行けなかった悔しさをバネに、
7月9日封切り日に観に行ってまいりました。

期待が大きすぎたのかもしれませんが、
正直、個人的にはあんまり面白くなかったですな。

確かにCGのデキは素晴らしい。
敵の将軍(4刀流!)が流れるような動きで
ライトセーバーを振り回したりするのを目の当たりにして、
遂にCG技術はココまで来たかと感嘆してみたり、
ヨーダがチューバッカの身体によじ登って肩車させてもらうのを観て
和んでしまったりしてしまいます。

だがしかし。
このシリーズってーのはスターウォーズ本編の前日譚なわけじゃないですか。
ちゅーことは、殆どの人は『誰がダースベイダーになるのか』
というオチを知っているってことですよね。
だから今回のEP3は“そのオチに至るまでの過程を確認する”
という意味合いが強いわけで。

で、その過程の部分、
要するにアナキンの心の揺れとか葛藤の描かれ方ですが、
どうも唐突な感じがして仕方がないんです。

なんでだろう?EP1,EP2とDVDで連続鑑賞してからEP3に
臨んだというのに、それでもアナキンの寝返りには納得いかないものがありましたな。
俺の心が歪んでいるからか?ガッデム!

それはそれとして。
終盤の怒涛のような辻褄合わせにも困惑しましたな。
僅か数分で本編に繋がる事柄の説明をしすぎです。
ヘイ!ありゃないぜジョージ!
スターウォーズマニアはこの辺どう思っているのか
知りたい気分な今日この頃でした。

男の生き様

明日からスターウォーズの最新作が公開されるからかどうかは知らないが、
今宵クローンの攻撃のTV放映をするとの情報をキャッチ。

成る程それなら私も負けてはいられない、
と言う事で急遽クローンの攻撃をツタヤにてレンタル。
現在、鋭意鑑賞中で御座います。
このように無駄に金を使ってこそ真のブルジョアであろう。
ワハハハ!

まあそんな事はどうでもいいんだ。
まずはコレを観てくれないか。
★三和豆友食品★
http://www.sanwatouyu.co.jp/

馬鹿だ。
馬鹿すぎる。
商品紹介を次の項目に移動させる度に『ソイヤァ!』
海辺のブラックホールをクリックすると『シャチョーサン、オットコマエネー!』
嘗てこれほどまでに暑苦しい食品会社があっただろうか。
いや、無い。
とりあえず誰か通販で買ってくりくり。

宇宙戦争

なにはともあれタイトルがいいよね。
今時こんなダサいタイトルを付けるのかと吃驚してしまいました。
因みに、私のような専門家になってくると『うちゅう』
では無く『うつー』と発音いたします。覚えておくように。



!!WARNING!!
今回ネタバレを含みますのでご注意願います。


いやもう兎に角面白かった。
一言で言えば、頭の悪いデザインのマシーンが暴れまくるだけ、
って映画なのですが、その圧倒的な映像は衝撃的ですらありましたな。

交差点で敵のマシーンが地中から出てくる辺りのシーンは秀逸。
地面に次々と亀裂が走り、その亀裂が教会まで到達して
建物を破壊してしまうのが、なんとも暗示的です。

まあ一番好きなシーンは、列車が通過するシーンなのですが。
あれはびっくりした。完全に不意を突かれてしまいました。

それにしても敵のマシーンは無敵すぎ。
でも大阪では何体か敵マシーンをやっつけたそうですヨ。
やったぜ大阪!我らが大阪!やはり大阪は一味違う!
武器はきっとハリセンに違いない。

スピルバーグ監督曰く。
『無敵にしすぎてどうやって倒せばいいかワカラン。HAHAHA!』
ちゅーことで、ラストはあのようなやっつけ仕事になったのではないかと。

まあ私としては、映画を観ている最中に
『敵の弱点はきっとロカビリー』
と最悪のパターンを想定していたので、
さしたるダメージでもありませんでしたけどねー。

そういや敵の偵察カメラ付き触手が、建物の中をにょろにょろ
移動してトム・クルーズがカメラを避けながらコソコソするシーンって、
どっかで見た事あるような?うーんデジャヴュ?
とか思っていたのですが、今思い出しました。
たぶんバイファムのパクリだよね?
かなーり昔のアニメなので、
私の記憶も曖昧で断言は出来ないんですけれども。
たしかそんなような記憶が?。


色々突っ込みどころはありますが、それでもやっぱり面白い。
是非映画館のおっきいスクリーンで観る事をおすすめ致します。

最後に。
この映画に出演した事で、トム・クルーズさんは
“歌って走って叫べる”俳優にレベルアップいたしました。
おめでとう。
プロフィール

マギンティ夫人

  • Author:マギンティ夫人
  • 趣味:適当にホラ話をする
    特技:うろ覚え
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。